[広告]
落ち込んでしまった免疫力を活性化し、自然治癒力を取り戻そう!
アトピーなど、しつこいアレルギーにおすすめ!

ロングセラールミンA(100γ) をAmazonで。左斜め下

2016年03月09日

カンジダが増えるとき

ここまでに、消化管内の悪玉菌やカンジダなどの繁殖を抑える目的で、さまざまな食物や栄養素をご紹介してきました。しかし、こういったことに特別注意して食生活を送らなくても、平気な人もいますね。
ヒトの遺伝子は個人個人で違います。したがって、持っている細胞の働き方も微妙に違っていたりします。それらが総合して各個人の体質を作っているのですが、この体質によって、どんな菌を住まわせるかも異なっている、と考えられています。ですから、もともとカンジダを住まわせてしまいやすい体質の人もいる、といえるのです。

しかし、カンジダは、私たちの生活圏内に一緒にいる菌で、どこにいても、それこそ、体の外にいても、中にいても、特別珍しい菌ではありません。かといって、口角炎や女性の膣カンジダ症が古くからあるように、カンジダによる害も確かにあり、気をつけなければいけません。カンジダが悪さをするときは、たいてい、体が疲れたときや弱ったとき、女性ですと月経近くなどです。
基本的には、体の抵抗力さえ、きちんと働いていれば、むやみに恐れることはないのです。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]