2016年03月01日

【Column】真菌感染症の発見は、実は最近の話

人類の歴史は、多くの病気との戦いでした。

中でも感染症による犠牲者は多く、「病原体」の存在が発見されるたのは、レーウェンフックが顕微鏡を開発した後ですから、1600年代ころまでその正体は解らないままだったのです。
その後、抗生物質などの開発により、人類は格段にその生存確率を上げていきます。

さて、病原体の多くは微生物で、ウィルス、細菌、真菌(カビ)などが上げられます。

カンジダが属する真菌の病原性については、1910年の水虫がカビであったことの発見に始まる、と言えるでしょう。さらに、そこから日本の太田正雄博士がその菌を分離培養し、白癬菌と名付けたのが1918年です。
現在2016年ですから、真菌が医学的に扱われるようになってまだ100年たっていないのですね。


参考:[EN_CANDIDA.ATOPY_3]
https://ja.wikipedia.org/wiki/感染症
   https://ja.wikipedia.org/wiki/感染症の歴史
   https://www.seirogan.co.jp/fun/infection-control/infection/disease.html
   https://www.seirogan.co.jp/fun/infection-control/infection/dengerous_pathogen.html
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]