[広告]
落ち込んでしまった免疫力を活性化し、自然治癒力を取り戻そう!
アトピーなど、しつこいアレルギーにおすすめ!

ロングセラールミンA(100γ) をAmazonで。左斜め下

2016年02月18日

カンジダ症の歴史

古いものとしては、「口角炎」と思われる記述がヒポクラテスの時代に確認できます。

1849年にウィルキンソン(Wilkinson)によって、初めて膣カンジダ症(Vulvovaginal candidiasis)が説かれます。その後、1875年にハウスマン(Haussmann)が、膣カンジダ症も口腔カンジダ症も、同じ生物が原因であることを証明しました。

やがて、第二次世界大戦勃発に続いて、抗生物質が登場し、カンジダ症罹患率は増加していきます。
この罹患率は、「ナイスタチン」が開発されて以降、1950年代になって減少していきます。

カンジダ属(genus Candida)と、カンジダ・アルビカンス種(species C. albicans)は、1923年、ユトレヒト大学の植物学者クリスティーン・マリー・バークハウトによって発表されました。※この後、菌類の区分についてはいくつか変更が行われています。
「カンジダ」という名前についても、バークハウトによって提案されました。ラテン語のトーガ カンジダ(toga candida)という言葉に由来していて、古代ローマ共和国の議員候補らによってすり切れられた白いトーガとよばれるローブになぞらえている、とされています。
「アルビカンス」という語も、ラテン語の「白くなる」を意味するアルビカレ(albicare)から来ています。カンジダを培養したときの白くなる様相を表しています。

現在までに、カンジダ属は、およそ150の異なる種を含むとされていて、そのうち、少数がヒトに感染症を起こすを考えられています。 カンジダ・アルビカンスは、最も重要な病原性種です。

ヒトへの病原性をもつものとしては他に、カンジダ・トロピカリス(C. tropicalis)、カンジダ・グラブラタ(C. glabrata)、カンジダ・クルセイ(C. krusei)、カンジダ・パラシロシス(C. parapsilosis)、カンジダ・ダブリニエンシス(C. dubliniensis)、カンジダ・ルシタニエ(C. lusitaniae)があります。


参考:https://en.wikipedia.org/wiki/Candidiasis
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]