2016年02月19日

内臓でもカンジダはみつかる

顕微鏡の誕生以降、肉眼では見えない生物界の研究が一気に進むようになります。動物学、植物学、そして医学においてもそうです。
それまで見えなかった存在が見えるようになって、様々な現象の真の姿や、正体が判明するようになっていきます。

先ほど述べた皮膚のカンジダ症や、また口腔カンジダ症、膣カンジダ症についてもそうです。顕微鏡の登場、そして微生物を観察する手順の確立がされるようになり、人間の患部からとったサンプルを培養して、原因をつきとめられるようになりました。

このような病気の原因探求は、人間の内部、つまり内臓の病気においても適応できるようになっていきます。すると、カンジダが内臓にもよくみつかる菌であることが解ってきました。さらには、内臓でおきる疾患にも関わっていることがわかり、中でもカンジダがよく発見される食道では、食道炎の原因としてカンジダが関わっているケースがあることもわかってきました。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]