2016年03月07日

外から入って来たものが最初に通る関門:胃

口で咀嚼され、飲込まれた食物は、食道を通過し、胃へと送り込まれます。
胃は、食べ物が入ってくると、胃液を分泌します。胃液は、強力な強い酸性の酵素で、入って来た食物を溶かします。さらに胃の活発な蠕動運動により、柔らかく粥状にされていきます。

胃での胃液の働きは、消化に関わるだけでなく、口や鼻から取り込んでしまった花粉やハウスダスト、また細菌やウィルスなど、栄養とならないものや外敵に対しても作用します。胃液には、ペプシンという蛋白質分解酵素が含まれ、食物としては取り込んでいいない花粉やハウスダストに含まれるタンパク質の多くはここで分解されてしまうため、アレルゲンとして働かなくなります。また、胃液に含まれる胃酸はPh1〜1.5の強酸で、細菌やウィルスなど、たいていの微生物は これに触れると溶かされ、死んでしまいます。

胃は、口や鼻など、食物や呼吸のために、外に開いておかなければならない器官を通して入って来た、不用なものを体に取り込まないために最初に用意された関門だといえます。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]