[広告]
落ち込んでしまった免疫力を活性化し、自然治癒力を取り戻そう!
アトピーなど、しつこいアレルギーにおすすめ!

ロングセラールミンA(100γ) をAmazonで。左斜め下

2016年03月05日

肝臓を保護し、解毒機能を促進する:タマネギ

image.jpg
ここでは、肝臓のケアに役立つとされる成分をもつ成分と、食物をご紹介します。

硫化アリル・ケルセチンを含むタマネギ
肝臓の働きを支える栄養素としては硫化アリルやケルセチンが挙げられます。
硫化アリルは血液をサラサラにする効果があることで知られていますが、肝臓で行われる解毒処理も助けます。
高い抗酸化作用をもつポリフェノールのケルセチンも、肝臓にたまる脂肪を分解する働きをし、肝臓を保護します。

これらが含まれる食物としては「タマネギ」が挙げられるでしょう。
タマネギにはほかにも、グルタチオンやセレンが含まれており、これらも肝臓の解毒機能を強化します。

調理のポイント
硫化アリルは、生で食べると効率よく摂取できます。ケルセチンは熱に強いので、加熱調理しても摂取することができます。
タマネギは生で食べても加熱して食べても、肝臓に働きかけてくれるすぐれた野菜であると言えますね。

資料:[EN_CANDIDA.ATOPY_8]肝臓のための栄養素
参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/胆汁酸
同じカテゴリの記事をまとめて読む
真菌の過剰繁殖を抑える食物選び 免疫力 肝臓
同じカテゴリの記事をご紹介↓
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]