2016年03月06日

副腎からのコルチゾール分泌を促す:甘草

甘草(カンゾウ)は、漢方薬の成分として耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
甘草に含まれる「グリチルリチン」は副腎のコルチゾール分泌を促し、炎症を抑える働きがあるので、体内に風邪などによる炎症があると、これを抑えてくれる働きがあるのです。

このため、甘草を含んだ漢方薬は非常に多く、欧米でも「リコリス」とよばれ、ハーブティーや、シロップとして広く使われています。ちょっと体が弱っているな、と感じるとき、お茶にして飲んだり、シロップをなめたりします。

しかし、日本ではあまり「甘草」や「リコリス」を商品として見かけることはありませんね。
実は、甘草に含まれるグリチルリチンには、副作用があるため、1日の摂取量に上限値が設けられています。
過剰な摂取は高血圧やむくみに繋がるとされています。

ここでは、コルチゾールの分泌促進を目的とした食物のひとつとしてご紹介しておきますが、使用には注意点があることをお忘れなく。


参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/グリチルリチン

資料:[EN_CANDIDA.ATOPY_6]副腎のための栄養素
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]