[広告]
落ち込んでしまった免疫力を活性化し、自然治癒力を取り戻そう!
アトピーなど、しつこいアレルギーにおすすめ!

ロングセラールミンA(100γ) をAmazonで。左斜め下

2016年02月28日

異なる分野の発見が合流し、医学の目覚ましい発展を遂げた20世紀

細胞の働きを化学反応として説明する分子生物学の発展は、医学だけでなく、生物学全体にも大きな影響を与えました。遺伝子の構造が判明したことは、遺伝のしくみを解き明かし、さらには生物進化の謎についても一定の説明を可能にしています。
一方、細胞のもつ新たな可能性をも導くことになり、究極の医学とも言える不老長寿、すなわち、アンチエイジング分野の研究にも応用されるようになります。
液性と細胞性の二つの免疫系統によるしくみの解明と、分子生物学による新たな見解が合わさったことで、医学は飛躍的に発展します。多くの国が長寿社会を実現している背景には、充実した食糧需給の実現のほかに、こうした医学の発展があることは言うまでもありません。アレルギー医療においてもそうで、この数十年のうちに、臨床の場でも大変な変化が起きています。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]