[広告]
落ち込んでしまった免疫力を活性化し、自然治癒力を取り戻そう!
アトピーなど、しつこいアレルギーにおすすめ!

ロングセラールミンA(100γ) をAmazonで。左斜め下

2016年03月01日

菌の脅威は知られていたが...。

カンジダといえば、病中病後など抵抗力がおちた人の体内に棲み付いて繁殖し、カンジダが生成した毒素によっておきる「カンジダ症」があります。特に手術後など、しばらく食事ができない人の消化器系は、カンジダが侵入しやすいため、注意が必要です。日本では、水虫や、膣カンジダなどの原因菌としての認識しか、一般の人にはないかもしれません。

しかし、カンジダはこれら以外にも、様々な不調に関係していて、欧米では古くから、カンジダへの対処はされてきました。民間療法でも、カンジダへの対応方法はたくさん編み出されています。湿度の高い季節のある日本では、本来、このようなカビへの注意はされるべきでしたが、さきほども述べたように認識の少なさ、またタブー視さえされる風潮がありましたので、カンジダへの積極的な対処があまりされてきませんでした。しかし、近年になって、カンジダやカンジダが生成する毒素が深刻な病態へと導く原因となることが判明してきており、真菌への対処が積極的に行われるようになってきています。

今後は、同じアトピー性皮膚炎でも、カンジダの関与によるものであれば、これまでとは異なる治療法や薬が開発、適用されるようになるかもしれません。


抜粋:
ヒールファクターズ・ラボ著「アトピー考察ノート」第3章:アトピーの原因としくみ より

exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]