2016年03月01日

【Column】免疫のしくみの解明がアレルギーの改善に繋がる

「免疫」という言葉が生まれたのは、ジェンナーによる種痘の成功にあたりますが、最初はまさに字のごとく、疫病を免れるしくみや、それに繋がる医術を指していました。
しかし、その後、多くの発見を経て、現在、「免疫」とは、生物が自らの生命活動を維持するため、自分と他者を見分けた上で、必要なものであれば獲得し、敵であれば排除する機能によって、体や、健康状態を防衛することをさします。

免疫のしくみは複雑かつ多岐にわたって仕組まれており、対象となるものに個別に対応するしくみがあるかと思えば、体内のネットワーク全体で情報を共有し、対応したりすることもあります。
実に多様である免疫のしくみのうち、これまでに部分的に解明されているものも多くあります。解明されている部分については、症状や患部への処置方法が確立されるわけで、医療によって回復に導くことができるわけですが、解明されていない部分が関わる場合、その対処は非常に難しくなるのです。

処置についても、対処療法しかないものが多く、それゆえ一旦発症すると、克服することは難しく、「原因物質の除去」が最も安全で有効な方法として考えられてきました。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]