2016年03月02日

女性のアレルギー症状には、カンジダの関与が疑われる

子宮筋腫やPMSなど、カンジダの関与が疑われる症状はいくつかありますが、女性のアレルギーにおいてもカンジダの関与が疑われています。
実は、小児期までの子供においては、男児女児のアレルギー罹患率にさほどの差はありません。データによっては、男児の方が多いというデータもあります。
しかし、思春期をむかえる小学校高学年以降になると、女子のアレルギー罹患率は上がっていきます。
このことから、女性ホルモン分泌量の増加とアレルギーの発症との間に何らかの関与があることが伺われますが、現在までにこれを解明したという研究や発表は見受けられません。
また、女性ホルモンと似た作用があるという環境汚染物質(環境ホルモン)についても、アレルギーとの関与が疑われています。
このあたりの研究ではっきりした結果が出れば、女性と男性のアレルギー治療において、違いが出てくることも予想されます。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]