[広告]
落ち込んでしまった免疫力を活性化し、自然治癒力を取り戻そう!
アトピーなど、しつこいアレルギーにおすすめ!

ロングセラールミンA(100γ) をAmazonで。左斜め下

2016年03月07日

食物を徹底分解、栄養となる分子を選択、吸収する:小腸

胃で溶かされ、柔らかくされた食物は、続いて小腸へと送り込まれます。
小腸は、およそ6mほどにもなる長いチューブ状になった器官ですが、筋肉に覆われ、収縮した状態で3mほどの長さになります。小腸は、形状や役割からさらに3つの部位、十二指腸、空腸、回腸に分けることができます。

十二指腸は、小腸のうち、入り口の25cmほどの部分です。ここでは、腸液や、膵液、胆汁が分泌されることで、胃酸を中和し、食物の分解をさらに進めます。口から入った食物は分子レベルでの消化段階にまでなっていて、もはや元の姿の片鱗はどこにもない状態です。つまり、ドロドロの粥状というよりは、栄養ペーストと言えるような状態なのです。また、十二指腸の腸壁には、絨毛が無数にあり、筒状の絨毯のようです。この中を栄養ペーストはくぐっていくのですが、絨毛の一本一本がペーストのなかに入り込み、さらに腸壁自体も伸縮しながら、栄養となる分子を選択的に吸収します。

短い十二指腸をくぐった後、続く空腸と回腸の管内にもびっしりと絨毛があり、ペーストからの吸収が引き続き行われます。十二指腸は、膵液や胆汁を分泌することで、食物を徹底的に細かくしますが、短いのであまり吸収はできません。その任は、続く空腸、回腸に任されることになります。

空腸と回腸の働きは似ていて、あまり大きな違いはありませんが、十二指腸より下の小腸のうち、手前2/5が空腸、後ろ3/5が回腸、また、空腸のほうが回腸よりもやや太い、とされています。空腸での栄養の吸収量はとくに多く、回腸では吸収過程もそろそろ仕上げに入り、絨毛の数も減少してきます。

絨毛のなかには、毛細血管やリンパ管が張り巡らされ、ブドウ糖やアミノ酸は毛細血管から、脂肪酸・グリセリンはリンパ管より吸収されます。また、小さな孤立リンパ小節や、塊状の集合リンパ小節(パイエル板)もあって、吸収した分子を監視しています。

小腸のなかで、栄養をすっかり吸い取られたペーストは、続く大腸へ送られて行きます。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]