[広告]
落ち込んでしまった免疫力を活性化し、自然治癒力を取り戻そう!
アトピーなど、しつこいアレルギーにおすすめ!

ロングセラールミンA(100γ) をAmazonで。左斜め下

2016年03月08日

食物を徹底的に利用し、微量栄養素を吸収する最後のリサイクル工場:大腸

小腸を経て来た内容物は、大腸に送られてます。大腸に入った時点で、体にとって特に重要な3大栄養素、すなわち、糖質、脂質、蛋白質由来の栄養はほぼ吸収しつくされています。あとは、このなかに含まれる水分や電解質などをある程度吸いあげ、その結果、残ったものや体から排出された不要なものを食物繊維と一緒に便として排出すべく、直腸へと送るのが大腸の主な役目です。

しかし、便の生成・排出に関わることばかりでなく、ほぼ栄養的には役目を終えた内容物をつかって、さらに新たな栄養分を生成し、吸収するしくみももちます。また、腸管免疫として働く細胞や組織もありますから、消化過程の最終段階とはいえ、非常に重要な器官です。


大腸には、小腸に比べ、はるかに多くの菌が棲息しています。これらの菌は、大腸に入ってきた内容物を糧にしていますが、大腸に送られてくる内容物の成分は、小腸で取り込まれなかった食物繊維やオリゴ糖が大きな割合をしめています。大腸に棲む菌は、これらを使って発酵し、酢酸、プロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸を生成します。大腸が特徴的なのは、腸内細菌が内容物をつかって発酵したことで得られる、短鎖脂肪酸が直接、大腸上皮細胞の主要エネルギー源として使われることです。大腸の細胞は短鎖脂肪酸を得ることで、大腸での水や養分の吸収、腸運動、膵臓外分泌などの重要な働きをすることが可能になるのです。
また、短鎖脂肪酸は大腸のためだけでなく、全身の活動にも重要な働きをします。食物繊維が少ないと、細菌叢での発酵が足りず、充分なエネルギーを得られないことになり、大腸の動きも停滞しがちになります。大腸では、これら短鎖脂肪酸以外に、小腸ほどの量ではありませんが、ビタミンの吸収も行われています。

※脂肪酸
脂肪酸とは、油脂を構成する成分のひとつで、数個から数十個の炭素が鎖のように繋がった構造をしています。そのうち炭素の数が6個以下のものが短鎖脂肪酸と呼びます。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]