2016年03月09日

消化管の抗菌作用:シソやシュンギクなど、香りの強い野菜

739809_1028331833899526_8967438101358217762_o.jpg
12496508_1028331830566193_6730487347801308674_o.jpg10575421_1028331827232860_2534762203138842447_o.jpg

香りの強い食材を積極的に摂る
海外では、カンジダ対策として、オレガノやタイム、シナモンなどの香りの強いハーブを積極的に摂るよう薦める専門家がいます。日本で手に入りやすい、シソやセロリ、ショウガ、ニンニクなどにも、カンジダを抑制する効果が期待できる、と考えられています。特に、ニンニクは効果的とされていて、1日に1〜2片のニンニクを生で摂るとよい、とされています。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]