[広告]
落ち込んでしまった免疫力を活性化し、自然治癒力を取り戻そう!
アトピーなど、しつこいアレルギーにおすすめ!

ロングセラールミンA(100γ) をAmazonで。左斜め下

2016年03月06日

抗炎症ホルモンの工場:副腎

腎臓の上に位置する副腎は、様々なホルモンをつくる器官です。分泌する量も多く、体の免疫や成長において非常に重要な働きを持ちます。
副腎から分泌される様々なホルモンのうち、ここでは「副腎皮質ホルモン」を取り上げたいと思います。

副腎には、外側の副腎皮質と、内側の副腎髄質とがあり、副腎皮質ホルモンはその名のとおり、副腎皮質で生成されたホルモンの総称です。(男性ホルモンも副腎で作られますが、これについては副腎皮質ホルモンに含めません)

副腎皮質ホルモンは、炎症の制御など免疫反応に関わるほか、糖質や蛋白質の代謝、血液の電解質のレベル調整にも深く関わっています。
この副腎皮質ホルモンを作用の違いによって、さらにグループ分けすると「糖質コルチコイド」と「鉱質コルチコイド」に大別できます。このうち、抗炎症剤として働いたり、好酸球の活動を抑制するなどの作用を持ち、アレルギー反応に深く関わるのが、糖質コルチコイドです。なかでも代表的なのが「コルチゾール」です。

副腎で生成されるコルチゾールは、睡眠の終わりごろ、明け方近くに特によく分泌されます。炎症やアレルギー反応などが出た後、ゆっくり休むと症状が回復しているのは、コルチゾールによって炎症が抑えられるからです。
副腎のコルチゾール分泌が足りないと、この抗炎症作用が不足することになり、回復が送れることになります。炎症や傷がなかなか治りにくかったり、疲労がいつまでも抜けないときは、副腎の働きが弱まっている可能性があります。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/副腎皮質ホルモン

コルチゾール合成に必要:ビタミンC

image.jpg

副腎皮質で生成され分泌されるコルチゾールは、体内に炎症があるとき、これを修復するために必要なホルモンです。このホルモンが充分あると、多少の炎症があっても早期のうちに修復され、深刻な症状になるのを食い止めてくれます。

副腎でのコルチゾールの合成には、ビタミンCが原料として使われます。霊長類と一部の動物以外は、どのほ乳類もボタミンCを自分の体で合成できますが、人間は作れません。そのため、ビタミンCは必ず摂取しなければならない栄養素のひとつです。

水溶性ビタミンであるビタミンCの上限値については、様々な意見がありますが、日本の食事摂取基準では、果物2つくらいを1日に摂れば、活動に必要な量を賄うことができる、と考えられています。

[EN_CANDIDA.ATOPY_6]副腎のための栄養素

副腎の働きを促し、ホルモンの分泌を促進:ショウガ

つねに炎症をかかえるアトピーの人の体内では、副腎が炎症をしずめるホルモンを作り続ける必要があります。副腎が疲弊してしまうと、ホルモンの生成が充分にできず、炎症が悪化してしまいます。副腎のホルモン合成が充分にできるよう、ビタミン、ミネラルの補給が欠かせません。

副腎の働きを促進する代表的な食材として、ショウガが挙げられます。ショウガには、血流を促す成分が豊富で、また先ほどご紹介したコルチゾールの合成に必要なビタミンCもあります。
さらにジンゲロール、ショウガオールなどの成分も副腎を刺激して、ホルモンの生成、分泌を促します。

参考:ヒールファクターズ・ラボ「アトピー考察ノート」 巻末:おすすめ食材と効果的な摂り方
資料:[EN_CANDIDA.ATOPY_6]副腎のための栄養素

副腎からのコルチゾール分泌を促す:甘草

甘草(カンゾウ)は、漢方薬の成分として耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
甘草に含まれる「グリチルリチン」は副腎のコルチゾール分泌を促し、炎症を抑える働きがあるので、体内に風邪などによる炎症があると、これを抑えてくれる働きがあるのです。

このため、甘草を含んだ漢方薬は非常に多く、欧米でも「リコリス」とよばれ、ハーブティーや、シロップとして広く使われています。ちょっと体が弱っているな、と感じるとき、お茶にして飲んだり、シロップをなめたりします。

しかし、日本ではあまり「甘草」や「リコリス」を商品として見かけることはありませんね。
実は、甘草に含まれるグリチルリチンには、副作用があるため、1日の摂取量に上限値が設けられています。
過剰な摂取は高血圧やむくみに繋がるとされています。

ここでは、コルチゾールの分泌促進を目的とした食物のひとつとしてご紹介しておきますが、使用には注意点があることをお忘れなく。


参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/グリチルリチン

資料:[EN_CANDIDA.ATOPY_6]副腎のための栄養素

副腎のコルチゾール分泌が鈍いなら、不足を疑ってみる:銅

image.jpgimage.jpg

副腎のコルチゾール分泌が少ないのでは、と疑うときは、副腎がビタミンCを使ってコルチゾールを作る際に必要な銅が足りないことを疑ってみてもいいかもしれません。
実は、現代人のミネラル不足は深刻なレベルにある、という報告もあるのです。ミネラルは上限値もあり、カルシウム以外はそう多量に必要であることはまずありません。しかし、不足しすぎても、体内の化学反応が進まず、必要な生合成ができないことになります。

銅を多く含む食物としては、牛レバーが挙げられますが、他の肉類や、イカ、エビ、タコ、貝類などにも多く含まれています。

資料:[EN_CANDIDA.ATOPY_6]副腎のための栄養素
   中村丁次 著「最新版 からだに効く栄養成分バイブル」主婦と生活社
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]