[広告]
落ち込んでしまった免疫力を活性化し、自然治癒力を取り戻そう!
アトピーなど、しつこいアレルギーにおすすめ!

ロングセラールミンA(100γ) をAmazonで。左斜め下

2016年03月07日

外から入って来たものが最初に通る関門:胃

口で咀嚼され、飲込まれた食物は、食道を通過し、胃へと送り込まれます。
胃は、食べ物が入ってくると、胃液を分泌します。胃液は、強力な強い酸性の酵素で、入って来た食物を溶かします。さらに胃の活発な蠕動運動により、柔らかく粥状にされていきます。

胃での胃液の働きは、消化に関わるだけでなく、口や鼻から取り込んでしまった花粉やハウスダスト、また細菌やウィルスなど、栄養とならないものや外敵に対しても作用します。胃液には、ペプシンという蛋白質分解酵素が含まれ、食物としては取り込んでいいない花粉やハウスダストに含まれるタンパク質の多くはここで分解されてしまうため、アレルゲンとして働かなくなります。また、胃液に含まれる胃酸はPh1〜1.5の強酸で、細菌やウィルスなど、たいていの微生物は これに触れると溶かされ、死んでしまいます。

胃は、口や鼻など、食物や呼吸のために、外に開いておかなければならない器官を通して入って来た、不用なものを体に取り込まないために最初に用意された関門だといえます。

胃酸の強度を支える:梅干し

12828982_1028344227231620_8702796269803617418_o.jpg

しかし、体調を崩したりすると胃液の分泌が悪くなることがありますし、胃酸の酸度が不足することもあります。すると本来、処理できていたものや、殺菌できたはずの菌がそのまま腸へと通過しやすくなったり、胃に棲み付く菌も出てきてしまいます。カンジダや他の真菌についても、充分な酸度があれば殺菌できるものがほとんどですが、酸度が弱いとこれらが繁殖しやすくなってしまいます。
ここでは、胃液と胃酸の分泌に貢献する食物をご紹介します。

胃酸の強い酸性の由来は、成分に塩酸が含まれることにあります。塩酸は、理科の実験でも登場しますが、非常に酸度が高く、反応性が高いので、使用には注意が必要ですね。この塩酸が体内で合成されるためには、字のごとく、「塩」と「酸」が必要です。ここで言う塩とは塩素(Cl)のことですが、塩素を含む食物といえば、これまた字そのものの「しお(塩)」がありますね。塩はNaCl、すなわち塩化ナトリウムですが、ナトリウムも塩素も体には必須です。さらに酸についてですが、これについては呼吸でも酸素をとりこみますし、酸っぱい食物には、たいてい酸が含まれます。

これらをいずれも含んでいる食品としては、「梅干し」があります。塩分もクエン酸も含まれています。
成分として、胃酸のもととなるものを含んでいるだけでなく、梅干しを口に含むと、思わず唾液が出てきますし、それに応じるように胃までが動き出します。塩分の取り過ぎは血管に悪いので気をつけなければいけませんが、1〜2日に1コ程度、梅干しを食べていると、唾液や胃液の分泌を促し、胃酸の生成を支えてくれます。
※食事での塩分摂取が多い人は、塩分の少ない梅干しを利用されるといいでしょう。

胃とカンジダ菌

胃液の殺菌作用により、たいていの外来の菌が胃で死んでしまう、と述べました。しかし、近年、問題視されているピロリ菌のように、菌自体が何らかの酸への耐性をもっていて、胃酸のなかでも棲息できる菌がいます。
カンジダもある程度、胃酸のなかで棲息できる菌です。しかし、通常は大繁殖まではしません。口腔から、食道まではよくみられるカンジダですが、胃では減少します。これは、やはり胃液による作用だと言えるでしょう。

しかし、胃は精神状態や睡眠不足など、ちょっとしたストレスでも、その影響を受け易い器官です。胃のトラブルは意外に頻繁に起きるものです。また、飽食時代にあって、食べ過ぎ、飲み過ぎなど胃の疲弊を招きやすい現代は、胃液を抑えるなどの薬を常用する人も多いでしょう。

このように、胃の不調や、あえて胃液を抑えるなどの必要があって薬を服用している場合など、胃内の殺菌作用が低下します。ここに菌のエサとなるものが頻繁に入るようなら、さらに菌の繁殖に繋がると考えられます。

外来物の最初の関門である胃の殺菌効果が低下し、菌が繁殖すると、当然、次に消化、吸収を担う小腸へも菌を移行させやすくなります。

2016年03月08日

胃を丈夫にする:キャベツ

12823271_1028305020568874_3319730385200863483_o.jpg

胃を丈夫にする:ビタミンU

おすすめ食材:キャベツ
キャベツに含まれているビタミンUには、胃壁の粘膜を守り、潰瘍を抑える働きがあります。
また、ビタミンCが豊富なのも特徴のひとつです。他にカルシウム、ビタミンK、アミノ酸のリジンやトリプトファンも含まれています。積極的に利用しましょう。
ポイント:ビタミンUは水溶性の成分で、加熱にも弱いので、生で食べるか、短時間の加熱調理がおすすめです。

胃壁をいたわる:レンコンなどムチンを含むもの

1965563_1028331633899546_4922594801731978230_o.jpg

おすすめ食材:レンコン、モロヘイヤ、オクラ、つるむらさき、里芋、山芋、なめこ など
消化器系の内側は粘膜で覆われています。この粘膜が薄くなるなどすると、消化吸収もうまく行われません。粘膜成分と同質の物質であるムチンは、粘膜を補う働きがあります。また、蛋白質や、脂肪の消化吸収を助け、腎臓や肝臓などの働きも強化してくれます。
ポイント:ムチンには、タンパク質分解酵素も含まれます。酵素は、強い加熱調理をすると効力を失うので、生で食べるのがいいでしょう。
exclamation過去記事閲覧に関する注意>
このブログでは過去の記事も公開しておりますが、あまり前の記事の内容については事実と異なってくる可能性もあります。できるだけ、最新の記事をご参考頂くか、または、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
「女性のための食生活教室」メールフォーム:http://pyxis.eshizuoka.jp/blogmessage
[HealFactorsLab.]